金魚飼育日記です
初心者の苦労や勉強した内容を紹介しています
--/--/--(--) --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2006/12/14(木) 22:43
水草の白化 パールグラスに糸状藻
大ピンチです!
糸状藻が大繁殖してしまったので水草用の添加剤を中止していましたが、なんと白化してしまいました。これまで水草は順調に育ち、苔の問題もまったく無かったのですが、この2週間足らずで急に苔が大繁殖しました。そして苔を抑えようとした結果が白化です。かなりショック

思えば赤系水草をなんとか綺麗に育てようと、添加剤を増やしたり、照明時間を増やしたりと躍起になっていた時期がありました。照明時間を8時間から10時間に延ばして1週間くらい経つと、うっすらと水草に糸状藻、ガラス面に斑点状藻が付きました。でも照明時間を8時間に戻してしばらくすると苔は収まったので安心していました。添加剤は水換えの度にメネデール、ブライティK、グリーンブライティSTEP3、木酢液を水10Lに対しそれぞれ1mLずつ添加していました。

急に糸状藻が増え出したので木酢液以外は中止していましたが、なんと白化が発生。こんな短期間で白化するとは思いませんでした。照明時間は変えてないので原因は鉄分またはカリウムの不足です。慌ててメネデールとブライティKを添加しましたが、ここまで苔が大繁殖し、おまけに白化が起きてしまうようではもはや苔の断絶は不可能でしょう。リセットを覚悟する必要がありそうです。

昨年末に金魚水槽は苔だらけになり、リセットを行いました。
苔は発生してからでは遅い。苔を初めから出さない水草水槽造りを今年の目標に掲げ、順調に維持して来ましたが、ここへ来て苔の大繁殖、しかも厄介な糸状藻。 原因は照明時間を10時間にしたことと、添加剤を欲張ったことです。一時期はメネデール、ブライティK、STEP3を毎日プシュプシュ入れていました。冷静に考えれば30cm水槽に毎日1mLは多すぎです。
今更反省しても遅いですね。でもいい勉強になりましたよ。
スポンサーサイト
2006/12/11(月) 22:18
アヌビアス・ナナ プチ
ショップで見かけてつい買っちゃいました。アヌビアス・ナナ プチです。
通常のナナよりも葉が小さく、ナナ ミニよりもさらに小さいナナ プチです。葉の大きさは15~20mmほどで、小さい我が家の第二水槽にぴったりです。
育成は通常のナナ同様に容易なようで、初心者でも育てやすく、コケだけ気を付ければ良いとのことです。
そう言えば最近、第一水槽も第二水槽も何故か糸状藻が目立ってきました。急に増えだした原因は不明ですが、水草用添加剤を中止してしばらく様子を見ようと思います。
2006/11/29(水) 21:24
パールグラスとロタラ・インジカ
左がパールグラス、右がロタラ・インジカです。
カノーバ S-2900を導入して照明出力14Wから41Wにパワーアップしましたが、ロタラ・インジカがこんなにも綺麗な赤色になりました。14Wの時はほぼ緑色でパールグラスと見分けがつかないほどでしたが、光量アップでこんなにも変わるとは驚きです。やはり赤系の水草は強い光が必要ですね。
この気泡ももちろん光量アップのお陰です。特に水換え直後はまぶしいくらいにたくさん気泡が出ます。

CO2添加装置、照明と、費用は結構かかりましたが、綺麗な水景を見ることができて満足です。
2006/11/19(日) 22:44
第二水槽 トリミング前
第二水槽はロタラ・インジカとハイグロフィラ・ロザエネルビスがモリモリ元気でご覧の通り、ジャングルになってきたのでトリミングをしました。
第二水槽 トリミング後
思い切ってチョキチョキしたのですっきりしました。
実は先週もロタラ・マクランドラとモスドームをトリミングしたのですが、ちょっと心配だったマクランドラはしっかり根付いてくれたようで、順調に育っています。色も綺麗な赤色を出しており、水槽を引き立ててくれています。1本だけ生き残ったマクランドラは今では3本になりました。
一度はあきらめかけたマクランドラは意外にも順調ですが、期待したロザエネルビスはどんどん伸びてはいますが色がさえません。本来は綺麗なピンク色なのですが、まだまだ光が足りないのでしょうか。
対照に水槽の右にあるロタラ・インジカはこんなにも綺麗に赤くなりました。

果たして光量は足りているのでしょうか。
現在27W+14Wで41W、これでも足りないとなると我が家ではもうお手上げです。30cm水槽としてはこれが限界だと思います。
でもロザエネルビス以外はほぼ理想通りにいっているので、この環境で地道に飼育を続けていこうと思います。
2006/10/31(火) 23:01
ロタラ・インジカに気泡
先日照明を14Wから40Wにアップしましたが、早速効果が出ています。こんな見事な気泡、今まで見たことがありませんでした。
ロタラ・インジカに気泡
この美しい気泡が見たくてCO2添加装置を導入したのですが、照明が足りなかったんですね。添加量を変えてみたり、肥料を入れてみたり、いろいろ試しましたが結局気泡を見ることはありませんでした。照明でこんなに劇的に変わるとは驚きです。よく見ればほんのり赤みも出ていてロタラ・インジカらしくなりました。これまでパールグラスとの見分けがつきにくかったのですが、色の違いでよく分かるようになりました。
第二水槽
そして気になるこちらの赤系水草ですが・・・
ロタラ・マクランドラはとうとう1本だけになってしまいました。後方にハイグロフィラ・ロザエネルビスが2本、その左手前に見えるのがロタラ・マクランドラです。このまま全て溶けて全滅してしまうのかと心配しましたが、なんと最近真っ赤な新芽が出てきました。
ロタラ・マクランドラに新芽
この1本だけは我が家の第二水槽に定着してくれたのでしょうか。今後の生長を見守りたいと思います。
ロザエネルビスも上の方がピンク色になってきました。今後が楽しみです。
モスドーム ミナミヌナエビ
こちらはモスドームです。トリミング後は眠っているかのようにほとんど生長しなくて心配しましたが、目が覚めたのでしょうか、最近の成長ぶりには驚かされます。あっという間にフサフサ モサモサになってミナミヌマエビも大喜びです。ちょっと伸びすぎたので週末にトリミングしようと思います。
2006/10/26(木) 23:18
カノーバ S-2900 カノーバ S-2900
買っちゃいました。スドーのカノーバ S-2900 27Wです。
これまで使っていた照明は14Wだったので約2倍の出力です。チャームさんで45cm水槽用として紹介されていました。アーム式なので我が家の30cm水槽でも取り付け可能です。
カノーバとピクシーネオ 第二水槽
早速取り付けてみました。
もともと使っていたコトブキのピクシーネオ(14W)は、せっかくなので一緒に使ってみることにしました。27W+14Wのダブル効果で合計41W、さすがに多すぎかも知れませんが、コケが出始めたらピクシーネオはすぐに外そうと思います。
3秒に1滴だったCO2は光量が増えたので若干増やし、2秒1滴に設定しました。これで気泡が見られるようになると嬉しいのですが・・・あと緑色になってしまった赤系の水草、綺麗な赤色になってくれたら嬉しいです。
2006/10/22(日) 12:01
赤系の水草を追加してから2週間経ちました。
難しいとされるロタラ・マクランドラは第二水槽では無事育って欲しいと思っていましたが、悲しいことに毎日少しずつ赤い葉が浮いていて、3本植えたうち2本は溶けてダメになってしまいました。
導入当時の赤系水草 現在の赤系水草
左は導入当時、右は現在の写真です。
ハイグロフィラ・ロザエネルビスのほうは枯れずに何とか生長しているようです。しかし、こうして見ると色の違いがはっきり分かります。ロザエネルビスはピンク色に白い葉脈が綺麗だったのですが、徐々に緑色になってきました。
2本だけ赤が強いロタラ・マクランドラは、実は金魚水槽から急遽救済したものです。金魚水槽では毎日引っこ抜かれてプカプカ浮いており、葉が無くなってきたので全滅する前に第二水槽に移しました。そして色の違いに気付きました。第二水槽は14Wの照明を使っていますが、30cm(14L)水槽に14Wではやはり光量が足りないようです。
導入当時の赤系水草 現在の赤系水草
こちらは金魚水槽です。ロタラ・マクランドラの姿はもうありません・・・
辛うじて生き残っているハイグロフィラ・ロザエネルビスは囓られて葉がガタガタです。あと何日持つか・・・
でも枯れてはいないので金魚に負けずに是非頑張ってほしいです。

今回感じたことは、赤系の水草は綺麗な色を維持するのはやはり難しいということ。それから何といっても第二水槽は光量が明らかに足りないということです。でも30cm水槽用の照明っていいものが無いですよね。是非パワーアップして綺麗な赤色を復活させたいのですが・・・
2006/10/09(月) 20:55
第二水槽のロタラインジカ、パールグラスのトリミングをしました。今回のトリミングは今までのピンチカット(生長した上の部分をカットするトリミング法)ではなく、差し戻しをしました。
有茎草はピンチカットを続けると下葉が限界に達して生長が悪くなるようです。最近ロタラインジカの生長が悪いのはこのためだったようです。思い切って全て抜いて、生長した元気な上の部分だけを差し直ししました。

それから一時期はモリモリ元気に生長していたセトラフィラムですが、徐々に小さくなって、ついに枯れてしまいました。 ちょっと寂しくなってしまったので、以前から欲しかった赤系を2種購入しました。
第二水槽 ロタラ・マクランドラとハイグロフィラ・ロザエネルビス
一番左に見えるのがロタラ・マクランドラ、その隣のピンク色で葉脈が白い水草がハイグロフィラ・ロザエネルビスです。水槽に花が咲いたようで、やはり赤系は綺麗で栄えます。
モスドーム バナナプランツ
モスドームはやっとここまで生長しました。前回は反面ハゲ状態でバランスが悪かったのですが、今回は綺麗に生え揃っています。ゆっくりゆっくり生長しています。もう少し伸びたら二回目のトリミングをしようと思います。

モスドームの右にあるのはバナナプランツです。可愛かったのでつい買っちゃいました。実はこのバナナプランツは二週間前から我が家の水槽にいますが、最初は全体が綺麗な黄緑色でしたが徐々に茶色く変色してきました。光が強いと良くないのでしょうか・・・
金魚水槽 金魚水槽の水草
赤系の2種は第二水槽には入りきらなかったので金魚水槽にも入れてみました。こちらで無事に育つとは思えないのですが、物は試し。ロタラ・マクランドラは葉が柔らかいので、すぐに金魚の餌食になると思いきや、今のところ無事です。ちょっと意外。

赤系は基本的に難易度が高いことは承知していましたが、よく調べずに買ってしまったこのロタラ・マクランドラ、かなり難しいようです。そんな難しい水草が我が家の金魚水槽にいるのはかなり場違いかも・・・
2006/08/19(土) 02:17
今日は金魚と水草の相性をまとめてみました。
金魚は雑食なので水草も食べますが、食べられやすい水草と食べられにくい水草があります。高いお金を出して買う水草、観賞用としても楽しみたいのに食い尽くされてしまってはショックですよね。
我が家でこれまで試してきた水草を紹介し、金魚に食べられにくく、丈夫で育てやすい、金魚水槽と相性の良いものを5、相性の良くないものを1とした5段階で採点してみました。あくまでも我が家の独断の採点ですが。
では、
カボンバ 相性3 カボンバ
金魚藻としてポピュラーな水草。カボンバの葉は柔らかいので金魚は食べますが、食い尽くされることはないです。値段が安いことから我が家では金魚のビタミン補給と考え、定期的に買い足ししています。
アヌビアス・ナナ 相性5 アヌビアス・ナナ
ナナの葉は堅くて丈夫なため我が家の金魚はまったく食べません。大変丈夫な水草で、弱光、CO2無しでも育つので金魚水槽との相性は抜群。生長が遅いので苔に注意。
マツモ 相性2 マツモ
この水草は金魚はよく食べます。ただこの水草は生長が極めて早いので我が家では生長と金魚のついばみの競争でした。一月ほどで金魚は食べなくなりましたが、ある日突然ついばみが始まり、一気に食い尽くされました。
ウィローモス 相性2 ウィローモス
流木の活着を何度も挑戦して一度は成功しましたが、徐々に引きちぎられて全滅してしまいました。食べているにしては辺りに散らかっているので、ちぎって遊んでいるだけかもしれません。またいつかリベンジしたいと思っています。
ルドウィジア 相性4 ルドウィジア
写真中央の赤っぽい葉がルドウィジアです。こちらはまったく無事です。たまに葉が何枚か浮いていますが、金魚の攻撃ではないと思います。くねくねしてますが、赤が映える綺麗な水草です。
ハイグロフィラ・ポリスペルマ 相性1 ハイグロフィラ・ポリスペルマ
写真中央の黄緑色の葉がハイグロフィラ・ポリスペルマです。こちらは数日で葉が無くなり、悲しいことに棒だけがプカプカ浮いていました。
ウォーターバコパ 相性3 ウォーターバコパ
根付くまでは引っこ抜かれましたが、食べてはいないようです。生長が遅いので苔に注意。我が家ではエビの食害に遭ってます。
ブリクサ・ショートリーフ 相性1 ブリクサ・ショートリーフ
金魚のついばみで徐々に小さくなり、一週間で葉が無くなりました。葉が細く、引っ張るとすぐに引きちぎれることから食べやすいのでしょう。
ミクロソリウム 相性5 ミクロソリウム
水生シダ類のミクロソリウムは金魚にとってちっとも美味しくないのでしょう。まったく攻撃の対象外です。高水温でシダ病に注意が必要ですが、我が家では特に問題なしです。
パールグラス 相性1 パールグラス
金魚水槽に入れた途端に全員攻撃を受けました。あっという間に葉が無くなり、細い茎だけになりました。何度かリベンジしましたが、ことごとく惨敗。
ロタラ・インジカ 相性4 ロタラ・インジカ
よく引っこ抜かれましたが、根気よく植え直ししているうちに抜かれなくなりました。現在は無事すくすく成長中。
アマゾンソードとスクリューバリスネリア 相性4 アマゾンソード
金魚は食べませんでしたが、水中葉がややデリケートで、我が家では弱ってエビの餌になってしまいました。
相性4 スクリューバリスネリア
この水草はまったく無事でした。しかし管理ミスででダメにしてしまいました。金魚との相性は問題ないです。
あくまで我が家での結果です。
我が家でまったく問題ないアヌビアス・ナナも食べられてしまったという方や、我が家で1週間で食い尽くされたブリクサがまったく問題ないという方もいます。
ひとつ言えることは、新規参入の水草に対しては金魚は興味を示し、つつきます。稚魚の頃から水槽にある水草は問題なかったりします。我が家で食い尽くされた水草も何度もリベンジすれば金魚もそのうち慣れてきて大丈夫かもしれません。これから水草を導入される方は値段の安い水草から試してみるといいと思います。

これまでの情報以外に金魚と水草の情報をお持ちの方がおりましたらコメントでもいただけると嬉しいです。
2006/08/16(水) 22:34
第二水槽(熱帯魚水槽)
第二水槽のパールグラスとロタラ・インジカをトリミングしました。
結構思い切ってバサっと切ったので随分とすっきりしました。
切った水草は前回トリミングの時の希望者募集に応募しれくれた糸色女子言周さんに送りました。この季節は暑さで傷みやすいのでクールサービスを利用しましたが果たして無事にシャキシャキの状態で届くかどうか・・・

第一水槽(金魚水槽)
こちらは第一水槽(金魚水槽)です。
第二水槽でたくさん増えたパールグラスとロタラ・インジカはこちらにも植えてみましたが、パールグラスは今は見る影もなし。何度も挑戦しましたが、ことごとく食い尽くされてしまい、結局あきらめました。
ロタラインジカは何度も引っこ抜かれてましたが、食い尽くされることはなく、根気よく植え直ししてきましたが、ようやく攻撃されなくなりました。現在は無事すくすく生長していて水面に到達しそうなので近々トリミングしようと思います。

これまで金魚水槽でいろんな水草を試してきましたが、現在残っている水草は「金魚との相性が良い水草」ということになると思います。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。