金魚飼育日記です
初心者の苦労や勉強した内容を紹介しています
--/--/--(--) --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2006/10/14(土) 21:35
グラスアクア グラスアクアの水草
グラスアクアを立ち上げてから半年経過しました。
ドラセナは葉先が傷んでいますが、なんとか維持できています。 導入当初と比べるとちょっとボリュームダウンしていますが、下葉が枯れた分、新芽がちゃんと出ているので今後も期待しようと思います。

このグラスアクアには最初はグロッソスティグマとコブラグラスを入れていましたが、光が足りなかったのでしょう。グロッソは枯れて全滅してしまいました。コブラグラスはグロッソよりは少し丈夫なようで、辛うじて生き残っています。
現在植えてある水草は、コブラグラス、パールグラス、南米ウィローモスです。手前にちょろちょろ生えている長細い葉がコブラグラス、左奥に見える小さい丸い葉がパールグラス、右に見えるのが南米モスです。パールグラスは熱帯魚水槽のトリミングしたものを入れました。

真夏の間は室温が上がりすぎないように昼間はカーテンを閉めていましたが、今は開けているのでレース越しに夕日が差し込みます。この光で水草がちゃんと育ってくれることを期待します。

さて、生体はというと・・・
メダカは相変わらず元気です。石巻貝も元気に苔駆除に励んでいます。しかしミナミヌマエビはどうしても長生きできません。なので活性炭も欠かせません。農薬がまだ残っているのか、農薬以外の問題なのか・・・
2ヶ月くらいエビを入れていなかったので最近糸状藻が目立ってきました。またミナミに頑張ってもらおうか思案中です。
スポンサーサイト
2006/05/31(水) 23:24
グラスアクア エビ導入
グラスアクアにやっとエビを導入しました。実はこれまで何度もチャレンジしてきたのですが、ことごとくエビが拒絶反応を示していたので水換えと活性炭の交換を繰り返してきました。
原因は残留農薬?でも紹介しましたが、水草の農薬が原因だと思うのですが、なかなか抜けずに苦労しています。これまでの試みで可哀想なことにエビを3匹も☆にしてしまいました。今回は導入後3日経ちますが今のところ元気です。是非このまま元気でいて欲しいです。
グラスアクアの水草
水草のグロッソスティグマとコブラグラスですが、ずいぶんと生長したように見えますが、生長したのは根ばかりで、しかもズルズル抜けてきてあまりにも不格好になっています。前景草って難しいですね。
ライトを当てている訳ではないので水草が良く育つようにと、明るい窓際に置いていましたが苔がひどくなり、ガラスが不透明になっていたので石巻貝を導入しました。おかげで今はガラスが綺麗に透き通ってます。石巻貝の活躍はスゴイです。ガラス面のヌメヌメした苔は無くなったのですが、水草に生えた細かい糸状の苔はたくさんあります。是非これからエビに頑張って欲しいです。

一見すると部屋にさり気なく置いてある観葉植物。実はよく見るとメダカにミナミヌマエビ、石巻貝の共存する小さな水草水槽。やっと出来てきました。
2006/04/11(火) 22:09
前回は水合わせの最中にヤマトヌマエビが瀕死状態になるトラブルがありました。今回はしっかりpHを合わせてエビの導入を再度チャレンジです。
ゆっくり水合わせをしていると・・・・またしてもエビが前回同様の状態に!
今回はpHはしっかり合わせたはず。なのに何故?どうやらエビの拒絶反応はpHショックではなかったようです。となると他に考えられるのは・・・・

水草の残留農薬!

きっとそれでしょう。エビは農薬に極端に弱い生きものだし、なんといっても怪しいのはドラセナです。
早速ドラセナをグラスから取り出し、水道水で何度も洗いました。しかし洗っただけで農薬がきれいに落ちたとは思えず、しばらく水に漬けておくことにしました。
活性炭で残留農薬除去
根から葉の先まで全体が水に浸かるよう重りを付けました。活性炭も入れてこのまま数日待とうと思います。
ドラセナ抜きのグラスアクア
こちらにも残留農薬が溶け出していると思うので、少しずつ水換えしてエビの導入に備えたいと思います。
それにしてもメダカは丈夫ですね。頼もしいです。今回もまたエビの導入が先送りになりましたが、まだ根を張っていない水草が引っこ抜かれる心配もあったので、このくらい待つのは丁度いいかもしれません。
2006/03/29(水) 22:47
グラスアクア メダカ導入 6匹のメダカ
実家からもらってきたメダカを入れました。ヒメダカ×2、黒メダカ×2、青メダカ×2で合計6匹います。
実はこれまでちょっとした苦労がありました。グラスアクアのセットアップ時はpHが思った以上に酸性(約6.0)で、そのままの状態で生体を入れたらpHショックを起こしてしまうと思い、毎日金魚水槽の水を少しずつ入れては中性に近づけていました。
数日前、6.5を越えたので思い切ってヤマトヌマエビを入れようと、ゆっくり水合わせを開始。エビは水合わせ用の桶の中でぐるぐると泳ぎ回っていました。やっぱりまだちょっときついかな?と思いながらも中和作業を中止し、しばらく待ってみると、今度は横向きになって瀕死状態。慌てて金魚水槽に戻しました。幸いエビは無事でしたが危うく殺すところでした。エビって本当に水質に敏感なんですね。
エビの導入は一端中止して、その後も中和を行ってきました。昨日の時点で若干酸性ですが、ほぼ中性になったのでメダカを導入しました。1日たちますが元気でいい感じです。
次回はヤマトヌマエビの導入です。
2006/03/19(日) 18:03
グラスアクア
また新たな試みです。グラスアクアに挑戦です。
今回初めてソイルを使いましたが、不慣れなため水草を植える作業にかなり手こずりました。植えたはずの水草はすぐに浮いてしまい、何度も植え直ししているうちにソイルの粒が砕けてしまい、まとまりがつかなくなってしまったので全てやり直しして、2回目でやっとここまで出来ました。

植えた水草は、前方にグロッソスティグマ、後方にコブラグラス、そして中央にはドラセナです。このドラセナは本来水草ではなく観葉植物ですが、冠水に耐えることからアクアリウムにも使われる植物です。
まだ生体は入れていませんが、ヤマトヌマエビとメダカを入れようと思ってます。

他の観葉植物と並べて置くことで、一見おしゃれなインテリアプランツですが、よく見るとさり気なく生体がいる。そんな感動を与えてくれると思います。
果たしてこの試み、うまくいくかどうか。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。