金魚飼育日記です
初心者の苦労や勉強した内容を紹介しています
--/--/--(--) --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2005/12/21(水) 23:55
メネデールについて調べてみました。

メネデールとは、
植物に必要な鉄分を2価のイオン(Fe++)として含む園芸用活力剤です。肥料や農薬の効用とは異なり植物の光合成機能を高め、植物ホルモンを活性化する働きがあります。メネデールは植物の切り口を保護する働きもあり、同時に水分や養分の吸収を助けます。株分けや新しく買ってきた水草などは植え付け前に100倍液に浸すことで色よく元気に育ちます。

次回水草を購入したときは是非使ってみようと思います。100倍液に数時間浸すといいようです。水草を水槽に導入後も換水の度に適量投入することで健康な草体になるようです。この場合、換水量の1万分の1程度でいいようです。鉄分を多く供給しすぎると逆に植物の成長を阻害するようなので分量は多すぎないほうがいいようです。

気になる苔に対してですが、通常の肥料は窒素、リン、カリが主成分ですが、特に窒素とリンは苔の原因となりやすく、魚の糞や餌に含まれていることから初心者の水槽では不足するより余剰になる場合が多いそうです。メネデールは鉄分を主成分としているため苔の被害はあまりないようです。
鉄分は要求量は多くはなくとも水槽内では出所が無く、不足すると葉の白化や赤系草の赤味が薄れる等の症状が出るので適宜与えてやる必要があるようです。

我が家には観葉植物がたくさんありますが、100倍液で水やりをすると元気になるようなので使ってみようと思います。メネデールはあらゆる植物に安心して使えるようです。

次回は木酢液について調べてみようと思います。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。