金魚飼育日記です
初心者の苦労や勉強した内容を紹介しています
--/--/--(--) --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2006/07/12(水) 21:16
2ヶ月目のパワーキャニスターミニ
第二水槽の小型外部フィルター(パワーキャニスターミニ)を導入してから二ヶ月経ちました。透明ケースから見える濾材や、ホース、パイプ類などもかなり汚れてきています。もっと早く掃除しようと思っていたのですが、二ヶ月も経ってしまいました。やっと第一回小型外部フィルター掃除を行いました。
パワーキャニスターミニ浴室へ パワーキャニスターミニの内部
このフィルターはエーハイムのようなダブルタップが付いていないので取り外すときに水をこぼさないか心配でしたが、排水パイプと吸水パイプをひょいと持ち上げて、あとは本体を片手で持つことで何も問題なく浴室に運ぶことができました。小さいと楽ですね。
それにしてもすごい汚れです。
第一バスケットの濾材 第二バスケットのフィルター
2つのバスケットの中身と汚れ具合です。やはりすごい。
大切なバクテリアが死滅しないよう、例によって飼育水でゆっくり濯ぎました。
2つの黒い袋は活性炭フィルターですが、こちらはお役ご免で新たに今回は竹炭を入れることにしました。
きれいになったパイプ類 掃除完了
パイプ類もきれいになって掃除完了です。
青いネットに入っているのが今回新たに入れた竹炭です。金魚水槽よりもこちらの第二水槽はちょっと臭いが気になるのでこの竹炭で改善されることを期待します。
第二水槽
全て接続して電源を入れました。
まず気付いたことは、排水パイプからの勢いがそれまでの倍以上もあること。本来のパワーはこんなにあったんだと気付きました。濾過層やパイプ類の汚れで流量が半分以下に下がっていたことになります。少し排水の勢いが減ったような気はしてましたが、これほどまで差が出るとは思いませんでした。ポンプのパワーはそれほど余裕はないようです。今後はまめに掃除することにします。でも良質なバクテリアがどんどん育ってくれればその分インターバルを延ばせるはずなので、次回掃除はまた二ヶ月後にしようと思います。それまでに流量がよっぽど下がれば、そのときに掃除に踏み切りますが。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。