金魚飼育日記です
初心者の苦労や勉強した内容を紹介しています
--/--/--(--) --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2006/08/07(月) 23:28
テトラ ニュービリーフィルター
第二水槽にテトラのスポンジフィルター(ニュービリーフィルター)を設置しました。写真中央の緑色のパイプと黒いスポンジがそれです。
このフィルターを設置した目的は、
一つは油膜対策、もう一つは濾過能力アップです。

最近第二水槽は油膜がひどく、毎日のように手作業で油膜を除去していました。以前は油膜対策として外部フィルターの排水用シャワーパイプの噴出口を斜め上向きにセットして水面が軽く波立つようにしていましたが、CO2を添加するようになってからはCO2が気中に逃げないようにと、斜め下向きに変えていました。すると水面がまったく動かなくなり、夜間のエアレーションもほとんど効果もなく、毎日油膜が張っていました。
そこでこのスポンジフィルターの購入を決意。夜間のみの稼動で一気に油膜を解消してしまおうという計画です。
水槽が小さいのでブリラントフィルターよりも小さいビリーフィルターを選びました。

テトラのスポンジフィルターは定評があり、ショップでもよく使われていますね。天野信者さんのお勧めもあって金魚水槽ではダブルブリラントフィルターを以前から使っています。小型水槽ならこのスポンジフィルターのみでもかなりのパフォーマンスを発揮するようです。天野信者さん曰く、「テトラのスポンジフィルターの水槽が一番安定している」とのこと。優れものです。

結局外部フィルターとスポンジフィルターの組み合わせは金魚水槽と同じ構成になりました。小型外部フィルターの性能に不満があるわけではありませんが、油膜対策ができて濾過能力もアップできれば一石二鳥です。
数日油膜の様子を注意して観察したら結果を報告しようと思います
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。