金魚飼育日記です
初心者の苦労や勉強した内容を紹介しています
--/--/--(--) --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2006/08/19(土) 02:17
今日は金魚と水草の相性をまとめてみました。
金魚は雑食なので水草も食べますが、食べられやすい水草と食べられにくい水草があります。高いお金を出して買う水草、観賞用としても楽しみたいのに食い尽くされてしまってはショックですよね。
我が家でこれまで試してきた水草を紹介し、金魚に食べられにくく、丈夫で育てやすい、金魚水槽と相性の良いものを5、相性の良くないものを1とした5段階で採点してみました。あくまでも我が家の独断の採点ですが。
では、
カボンバ 相性3 カボンバ
金魚藻としてポピュラーな水草。カボンバの葉は柔らかいので金魚は食べますが、食い尽くされることはないです。値段が安いことから我が家では金魚のビタミン補給と考え、定期的に買い足ししています。
アヌビアス・ナナ 相性5 アヌビアス・ナナ
ナナの葉は堅くて丈夫なため我が家の金魚はまったく食べません。大変丈夫な水草で、弱光、CO2無しでも育つので金魚水槽との相性は抜群。生長が遅いので苔に注意。
マツモ 相性2 マツモ
この水草は金魚はよく食べます。ただこの水草は生長が極めて早いので我が家では生長と金魚のついばみの競争でした。一月ほどで金魚は食べなくなりましたが、ある日突然ついばみが始まり、一気に食い尽くされました。
ウィローモス 相性2 ウィローモス
流木の活着を何度も挑戦して一度は成功しましたが、徐々に引きちぎられて全滅してしまいました。食べているにしては辺りに散らかっているので、ちぎって遊んでいるだけかもしれません。またいつかリベンジしたいと思っています。
ルドウィジア 相性4 ルドウィジア
写真中央の赤っぽい葉がルドウィジアです。こちらはまったく無事です。たまに葉が何枚か浮いていますが、金魚の攻撃ではないと思います。くねくねしてますが、赤が映える綺麗な水草です。
ハイグロフィラ・ポリスペルマ 相性1 ハイグロフィラ・ポリスペルマ
写真中央の黄緑色の葉がハイグロフィラ・ポリスペルマです。こちらは数日で葉が無くなり、悲しいことに棒だけがプカプカ浮いていました。
ウォーターバコパ 相性3 ウォーターバコパ
根付くまでは引っこ抜かれましたが、食べてはいないようです。生長が遅いので苔に注意。我が家ではエビの食害に遭ってます。
ブリクサ・ショートリーフ 相性1 ブリクサ・ショートリーフ
金魚のついばみで徐々に小さくなり、一週間で葉が無くなりました。葉が細く、引っ張るとすぐに引きちぎれることから食べやすいのでしょう。
ミクロソリウム 相性5 ミクロソリウム
水生シダ類のミクロソリウムは金魚にとってちっとも美味しくないのでしょう。まったく攻撃の対象外です。高水温でシダ病に注意が必要ですが、我が家では特に問題なしです。
パールグラス 相性1 パールグラス
金魚水槽に入れた途端に全員攻撃を受けました。あっという間に葉が無くなり、細い茎だけになりました。何度かリベンジしましたが、ことごとく惨敗。
ロタラ・インジカ 相性4 ロタラ・インジカ
よく引っこ抜かれましたが、根気よく植え直ししているうちに抜かれなくなりました。現在は無事すくすく成長中。
アマゾンソードとスクリューバリスネリア 相性4 アマゾンソード
金魚は食べませんでしたが、水中葉がややデリケートで、我が家では弱ってエビの餌になってしまいました。
相性4 スクリューバリスネリア
この水草はまったく無事でした。しかし管理ミスででダメにしてしまいました。金魚との相性は問題ないです。
あくまで我が家での結果です。
我が家でまったく問題ないアヌビアス・ナナも食べられてしまったという方や、我が家で1週間で食い尽くされたブリクサがまったく問題ないという方もいます。
ひとつ言えることは、新規参入の水草に対しては金魚は興味を示し、つつきます。稚魚の頃から水槽にある水草は問題なかったりします。我が家で食い尽くされた水草も何度もリベンジすれば金魚もそのうち慣れてきて大丈夫かもしれません。これから水草を導入される方は値段の安い水草から試してみるといいと思います。

これまでの情報以外に金魚と水草の情報をお持ちの方がおりましたらコメントでもいただけると嬉しいです。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。