金魚飼育日記です
初心者の苦労や勉強した内容を紹介しています
--/--/--(--) --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2006/09/12(火) 23:19
先日の 活性炭の二次的作用 に続いてもう少し調べてみました。

活性炭は水の濁りや臭いのもと、アンモニア等を吸着することから、バクテリアが十分に繁殖していない水槽立ち上げ時などの環境で多く利用されます。しかし活性炭には吸着能力の限度があり、吸着し終えるとそれ以上吸着しないどころか、そのまま放っておくと吸着したものを吐き出すことがある・・・
多くのサイトで同じように説明されています。

しかし、しかし、キョーリンのページにこんな情報が、
活性炭はアンモニアを吸着しない!?
活性炭は水中のアンモニアは吸着しないとのこと。
さらに、
一度吸着したものを放出するといわれる、それは誤解!

・・・・・
いったいどちらが正しいのでしょう。
言い伝えに対する新事実なのか、それともキョーリンのブラックホールが優秀なのか。

以前我が家では油膜に悩まされましたが、我が家とよく似た環境でまったく油膜の問題が無いというRisemanさんはブラックホールを使っていました。それを聞いてからブラックホールにちょっと興味があったのですが、今回さらに興味がわきました。今度買ってみようかな?
別にブラックホールを入れたまま放置するつもりはありませんが・・・
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。