金魚飼育日記です
初心者の苦労や勉強した内容を紹介しています
--/--/--(--) --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2006/09/30(土) 22:53
水泡眼 水泡眼
水槽デビューした日は他の金魚にツンツンされて逃げている姿があったりと、見ていて冷や冷やしましたが、翌日には落ち着いて仲良くしているようでした。虐められすぎていじけてしまわないか心配しましたが、どうやら大丈夫なようです。思ったよりも元気に泳いでいるので安心しました。

さて、翌日になって餌を与えてみると、案の定まったく餌にありつけません。匂いは感じ取っているらしく、興奮してキョロキョロ探し回ってはいますが、沈下性の餌が目の前をゆらゆら落ちてきても食べることができません。この子は今まで浮上性の餌を食べていたのでしょうか、水面をパクパクしたり、水中でまたキョロキョロしたり、的外れな行動ばかり。そんなことをしているうちに他の金魚は餌を全て食べ終えてしまいました。
水泡眼は弱視と聞いていましたが本当でした。結局この日は数粒口にしただけでした。
水泡眼
この角度も死角・・・

次日は赤虫を与えてみました。やはり水泡眼だけは餌にありつけそうになかったので、割り箸で口元に運んでやりました。
水泡眼にはこんな感じで毎回えこひいきしてやる必要があるかと思っていましたが、ある日沈下性の餌を与えてみると、慣れてきたのかワイルドにパクパクとちゃんと食べていました。他の金魚の様にはいきませんが、慣れれば案外大丈夫なようです。たくましくなってくれました。

でも餌取り競争に勝てないストレスから弱って病気になってしまっては困るので、沈下性と浮上性の餌をブレンドしたり、時々割り箸で与えるなど、これからも気を遣ってあげようと思います。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。