金魚飼育日記です
初心者の苦労や勉強した内容を紹介しています
--/--/--(--) --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2006/10/22(日) 12:01
赤系の水草を追加してから2週間経ちました。
難しいとされるロタラ・マクランドラは第二水槽では無事育って欲しいと思っていましたが、悲しいことに毎日少しずつ赤い葉が浮いていて、3本植えたうち2本は溶けてダメになってしまいました。
導入当時の赤系水草 現在の赤系水草
左は導入当時、右は現在の写真です。
ハイグロフィラ・ロザエネルビスのほうは枯れずに何とか生長しているようです。しかし、こうして見ると色の違いがはっきり分かります。ロザエネルビスはピンク色に白い葉脈が綺麗だったのですが、徐々に緑色になってきました。
2本だけ赤が強いロタラ・マクランドラは、実は金魚水槽から急遽救済したものです。金魚水槽では毎日引っこ抜かれてプカプカ浮いており、葉が無くなってきたので全滅する前に第二水槽に移しました。そして色の違いに気付きました。第二水槽は14Wの照明を使っていますが、30cm(14L)水槽に14Wではやはり光量が足りないようです。
導入当時の赤系水草 現在の赤系水草
こちらは金魚水槽です。ロタラ・マクランドラの姿はもうありません・・・
辛うじて生き残っているハイグロフィラ・ロザエネルビスは囓られて葉がガタガタです。あと何日持つか・・・
でも枯れてはいないので金魚に負けずに是非頑張ってほしいです。

今回感じたことは、赤系の水草は綺麗な色を維持するのはやはり難しいということ。それから何といっても第二水槽は光量が明らかに足りないということです。でも30cm水槽用の照明っていいものが無いですよね。是非パワーアップして綺麗な赤色を復活させたいのですが・・・
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。