金魚飼育日記です
初心者の苦労や勉強した内容を紹介しています
--/--/--(--) --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2006/11/29(水) 21:24
パールグラスとロタラ・インジカ
左がパールグラス、右がロタラ・インジカです。
カノーバ S-2900を導入して照明出力14Wから41Wにパワーアップしましたが、ロタラ・インジカがこんなにも綺麗な赤色になりました。14Wの時はほぼ緑色でパールグラスと見分けがつかないほどでしたが、光量アップでこんなにも変わるとは驚きです。やはり赤系の水草は強い光が必要ですね。
この気泡ももちろん光量アップのお陰です。特に水換え直後はまぶしいくらいにたくさん気泡が出ます。

CO2添加装置、照明と、費用は結構かかりましたが、綺麗な水景を見ることができて満足です。
スポンサーサイト
2006/11/26(日) 21:47
コリドラス パンダ コリドラス パンダ
第二水槽に仲間が増えました。コリドラス パンダです。
動物園のパンダを思わせる模様が可愛らしい人気品種です。
かつては高価だったようですが、東南アジアでのブリードにより最近では安価で入手できます。養殖技術の恩恵を受けて1匹350円でした。

コリドラスパンダはやや神経質で、異種のコリドラスとの混泳は不向きと言われます。しかし最近の養殖個体は丈夫になり、あまり心配いらないという情報もあります。また幼魚時はやや弱い面を持っており、あまり小さい個体は購入を控えた方が良いようです。もっとも一旦環境に落ち着いてしまえば他のコリドラス同様、飼育は容易なようで、活発に動き回る様は見るものを癒してくれそうです。

もう一つ、コリドラスパンダは輸入直後は特有のパンダ病という細菌症の病気に注意する必要があると聞きますが、最近の輸入個体はあまり心配いらないようです。

最近の養殖個体は強くなっているとはいえ、他のコリドラスと比べるとやはりパンダは臆病で寂しがり屋で、同種の仲間がいないといじけて病気になりやすいとのことです。何も知らずに1匹だけ連れてきましたが、あとでもう1匹追加しようと思います。
今のところは元気にチョロチョロと動き回っていますが、他のコリドラスとはやはり別行動です。来週にでも仲間を連れてこようと思います。
2006/11/22(水) 23:25
先日FlipClipの動画をアップした際、画質が少々気になっていましたが、画質低下の原因が分かりました。
FlipClip内のサービスで、クリップ前後の不要な部分をカットできる「クリップ編集」という機能がありますが、これを実行すると一定の圧縮率で再エンコードされてしまいます。この圧縮率が結構高いようで、オリジナルの動画よりも画質が低下していました。
今回はクリップ編集せずにそのままアップしてみました。
前回の動画はブロックノイズが目立っていましたが、今回はオリジナルの画質を保って動きもなめらかです。
クリップ前後でカメラのボタンを押す音をマイクが拾ってしまい、ノイズになっていますが、どうかご容赦ください(^^;)

同じようなサービスを提供するClipLifeも気になったので登録して比較してみました。 こちらは無料で容量制限がまったく無いところが魅力でしたが、画質を比較すると断然FlipClipのほうが上でした。
(ただしクリップ編集しなければの話)
画質は気にせず、大量のデータをアップしたい場合はこちらの方がいいでしょう。

月に100MByteの容量制限はありますが、無料で画質が良いFlipClip
今後も利用していこうと思います。
2006/11/19(日) 22:44
第二水槽 トリミング前
第二水槽はロタラ・インジカとハイグロフィラ・ロザエネルビスがモリモリ元気でご覧の通り、ジャングルになってきたのでトリミングをしました。
第二水槽 トリミング後
思い切ってチョキチョキしたのですっきりしました。
実は先週もロタラ・マクランドラとモスドームをトリミングしたのですが、ちょっと心配だったマクランドラはしっかり根付いてくれたようで、順調に育っています。色も綺麗な赤色を出しており、水槽を引き立ててくれています。1本だけ生き残ったマクランドラは今では3本になりました。
一度はあきらめかけたマクランドラは意外にも順調ですが、期待したロザエネルビスはどんどん伸びてはいますが色がさえません。本来は綺麗なピンク色なのですが、まだまだ光が足りないのでしょうか。
対照に水槽の右にあるロタラ・インジカはこんなにも綺麗に赤くなりました。

果たして光量は足りているのでしょうか。
現在27W+14Wで41W、これでも足りないとなると我が家ではもうお手上げです。30cm水槽としてはこれが限界だと思います。
でもロザエネルビス以外はほぼ理想通りにいっているので、この環境で地道に飼育を続けていこうと思います。
2006/11/14(火) 21:20
FlipClipに会員登録してみました。
FlipClipは無料で使える動画共有サービスです。無料でありながら保存容量無制限というありがたいサービスです。
※ただしフリープランは毎月100MByteまでアップロード可能
※動画の前後に広告が含まれる
有料のプランなら広告は表示されませんが、私としてはフリープランで十分。
早速 我が家の金魚たちの動画を公開してみます。
5匹とも元気いっぱいです。
元のファイルよりも画質がかなり低下しているのがちょっと気になりますが、フリーなのでOKとします。
これからも定期的に動画をアップしていこうと思います。
2006/11/11(土) 17:45
favicon(ファビコン)を設定してみました。
ブラウザのURLの部分を見てください。
IE7の画面
これはIE7の画面ですが、アイコンを表示しています。
同じようにブラウザの“お気に入り”にもこのアイコンを表示します。

さてfaviconとは、
Favorite Icon(お気に入りアイコン)の略です。そのまんまで分かりやすいですね。表示するサイズが16×16ピクセルなので小さすぎて何の画像なのか分かりにくいのですが、ベースの画像は
↓これです。
favicon.icoのベース画像
我が家の蘭ちゃんの画像です。

faviconの設定方法は、
まずアイコンファイル(.ico)を作ります。
そしてファイル名を favicon.ico とします。
favicon.ico をサーバーにアップロードします。
そしてページの<HEAD>~</HEAD>内に次の記述を追加します。
<link rel="shortcut icon" href="ここにfavicon.icoを
 フルパスで記述">
icoファイルの作り方はいろいろありますが、お気に入りアイコン(ファビコン)の作り方 が参考になると思います。

FC2はicoファイルがアップロードできるので問題ありませんでしたが、icoが扱えない場合は別のサーバーを利用するといいと思います。
皆さんもどうですか?


※補足
IE6は“お気に入り”を新たに登録しないと表示しないようです。
また、IE6はキャッシュを削除するとfaviconも消えてしまいます。
“お気に入り”を再登録することで表示します。
IE7はページにアクセスすると自動でfaviconを再取得するのでちゃんと表示します。Mozilla Firefox2.0も問題ありません。
2006/11/09(木) 00:04
ベストショット第11弾です。
照明の影響でしょうか、東錦は徐々に黒が強くなってきました。以前の写真と比べると違いがよく分かります。更紗流金は完全に赤勝ちになりました。

今回は新入りのキャリコ水泡眼もいます。相変わらずエサ取りが苦手ですが、元気にやっています。バランスが良かったはずの水泡ですが、片方が大きくなったのか小さくなったのか、少々アンバランスになっているのが気になるところ。
東錦 東錦
更紗流金 更紗流金
ピンポンパール ピンポンパール
桜錦 桜錦
キャリコ水泡眼 キャリコ水泡眼
2006/11/04(土) 23:43
エーハイム2215 エーハイム2215
前回フィルター掃除から8ヶ月も経ちました。半年の予定が二ヶ月も遅れてしまいましたが、開けてみれば前回同様、汚れは案外少なくて安心しました。
これまでのメンテは第1回目が導入1ヶ月後に、2回目はその2ヶ月後、3回目は5ヶ月後、今回は8ヶ月後と、インターバルを徐々に延ばしてきましたが、思えば第1回目が一番汚れていた気がします。一層目のエーハイメックが見事に茶色くベトベトしていましたが、良質なバクテリアが育ったのでしょう。2回目3回目とベトベトは徐々に減っていきました。代わりに最終段の細目フィルターの汚れが目立つようになり、今回もかなり真っ黒になっていました。濯いでいるうちに形が崩れてしまい、かなりへたっていたので交換することにしました。どうやらこれ以上のインターバルは細目フィルターの寿命がネックで無理なようです。次回も8ヶ月を目安にメンテしようと思います。
エーハイム2215
金魚水槽とエーハイム2215
バクテリアはやはり重要です。このバクテリアを保護するために必ず守るべき事は、
・病気の治療で薬を使うときは水槽外で
・フィルター掃除で濾材を洗う時は水道水を使わずに飼育水で軽く濯ぐ程度
・フィルター掃除と水槽の水換えは同時に行わない
・水換え時のカルキ抜き
・一度の水換えは1/3まで
ちなみに我が家は昨年末に黒ヒゲ苔地獄で水槽のリセットをしましたが、水はタンクに溜めておいて1/3ルールはしっかり守りました。これらのルールをしっかり守り続けることが大切だと思います。
そしてその暁にはバクテリアの効果として、排泄物の分解以外に白濁や嫌な臭いの予防、藻や病原菌の増殖を抑制、その他様々な作用で水質が安定して結果的に魚の健康へとつながります。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。