金魚飼育日記です
初心者の苦労や勉強した内容を紹介しています
--/--/--(--) --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2006/12/06(水) 23:55
こんな実験結果報告があります。
驚きの内容です。

水換え、水槽掃除を一切行わず、761日目にしてアンモニア濃度0mg/L、クリーンで理想的な状態を維持・・・

これを実現するのはBB菌という納豆菌の一種である有用微生物による浄化作用だそうです。このBB菌の生物濾過を利用して魚の糞や餌のカスなどの有害成分を分解するとのこと。
実験では熱帯魚水槽で水換えや水槽掃除を一切行わず、761日経ってもアンモニア濃度は0mg/Lで水の透明度も良好という驚きの内容です。

このBB菌を利用したバイオ製品は家庭用、業務用といろいろあるようですが、観賞魚水槽の水質浄化用・生物ろ過材として「エコバイオリング」「納豆菌の浄水石」というものが製品化されています。
製品のサイトにはこんな説明があります。

  • 国内や海外で河川の水質浄化に実績あるBB菌とその餌が含まれています。
  • 水に入れると納豆菌の一種である有用微生物が活動を始め、水槽の水の中にある魚の糞や餌のかすなどの有機物を分解し、水質浄化します。
  • 化学薬品は使用していませんので安心です。
  • 納豆菌の一種である有用微生物が有機物を分解することで、魚にとって有害な成分(アンモニアや亜硝酸塩など)を減らし水質改善して、魚の健康状態に良い水環境を作ります。
  • 水の入れ替えや掃除の手間が減ります。
  • 水槽の水環境の生態系を健全な状態に維持します。

いい事だらけで生体と水草に本当に問題ないですか?と思わず聞きたくなりますが、国内や海外の河川の水質浄化で実績があり、安全性が証明されているようですし、なにより熱帯魚水槽が2年間水換え無しで良好な状態というのはこれまでの常識を覆す内容です。
製品の値段は高めですが、その価値はあるかも知れません。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。