金魚飼育日記です
初心者の苦労や勉強した内容を紹介しています
--/--/--(--) --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2005/07/01(金) 20:24
底面フィルターセット1 底面フィルターセット2
60cm水槽の準備を始めました。まずエーハイム底面フィルターをセット。この姿はよほどのことがない限り見ることはないでしょう。砂を入れればもう見えません。砂を全部出して大掃除するのは恐らく年に1度でしょう。
水を入れて空気抜きをし、底砂を入れます。底床は水質に影響のない 大磯砂 を選びました。これを3袋分用意し、水洗いして水槽に入れました。
外部フィルターセット1 外部フィルターセット2
次にエーハイム外部フィルターのセットです。エーハイムの標準的なろ材組み合わせ例をもとに下からエーハイメックを1袋、粗目フィルター1枚、サブストラットプロ2袋、細目フィルター1枚、一番上に活性炭フィルターをセット。エーハイムのいいところは内部が透けて見えるためフィルターの汚れ具合が確認できることです。遠目には暗いグリーンですがライトを当てると内部の状況がよく分かります。この写真は画像処理で少し明るくしました。右が拡大したものです。
吸水口と底面フィルターを直結し、排水口を接続していよいよ吸水です。エーハイムのエコシリーズとプロフェッショナルⅡは自動呼び水機能が付いてますがこのクラシックシリーズはありません。口でホースから吸い込むか別売のスターターを使って呼び水を起こします。私はホースに口をつけるのは少し抵抗があったのと口では大変な作業になると思ったので スターター を購入しました。ドキドキしながらスターターでシュポシュポッ。
あらびっくり。スターターで2回シュポシュポしただけなのにサイフォン作用でどんどんフィルターの中に水が流れるではないですか。もっと大変な作業だと思っていたのですがこんなに簡単ならスターターなんて買わなくても良かったと思いました。なんせ¥2500もするんです。あっという間に排水ホースのちょうど水面の高さまで水が上がってきました。排水パイプを接続してホースの配置を整理し、いよいよフィルターの電源を入れるときです。またドキドキしながらスイッチオン。
ジャバジャバババババーーー
排水パイプを水面よりも上にセットし、シャワー状にしたのですがこれがうるさい。2215は500リットル/hと結構な流量があるのですごいことになりました。慌てて排水パイプを水中に。
・・・・・・・・
なんて静かなんでしょう。期待以上に静かです。ちょっと離れるとまったく聞こえません。30cm水槽で使っていた外掛けフィルターよりもエアーポンプのモーター音よりもはるかに静かです。さすがエーハイム、大満足です v(^-^)
60cm水槽準備完了
そして買ってきた水草を入れて完成です。水草がたくさんあるように見えますがエキノドルス、アヌビアス・ナナ、スクリューバリスネリア、アマゾンソードの4種だけです。あとはバックスクリーンの絵柄です。CO2添加なしで育つものを選んだつもりです。金魚は酸素を好むためCO2添加はできません。また金魚に食べられにくいことも考慮しました。
金魚はまだ入れていません。このままバクテリアが育つまで数日待つことにします。
スポンサーサイト
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://drshion.blog47.fc2.com/tb.php/13-68cd58c2
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。