金魚飼育日記です
初心者の苦労や勉強した内容を紹介しています
--/--/--(--) --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2006/08/24(木) 00:49
以前カワコザラガイの被害についての記事を書きましたが、駆除しても駆除しても一向に減る気配が無いのでとうとう生物兵器を投入することにしました。
我が家にやってきたバジス・バジスです。
バジス・バジス バジス・バジス
貝を食べる魚としては他にも候補がいくつかいましたが、どれもかなり気が荒くて他の魚を傷つけてしまう恐れがあり、混泳には向かないものばかり。このバジス・バジスは比較的おとなしく、小型魚との混泳も可能なようです。カメレオンフィッシュとも呼ばれるようで、飼育環境によって体色が変わるらしく、スネール対策の生物兵器として、また観賞用としても大いに魅力を感じて購入することにしました。

実はこのバジス・バジスが我が家にやってきたのは今から3週間前。憎っくきカワコザラガイをやっつける姿を見たくてずっと観察してきましたが、今だ現場を見ることはありません。体長は2.5cmとまだ小さく、このちっちゃな口でカワコザラガイをパクッと一口で食べるとは思えず、やはり無理なか?と思っていましたが、なんと最近カワコザラガイを見かけなくなりました。私の見ていないところでちゃんと仕事をしていたのでしょうか。あれだけ毎日のようにガラス面のどこかに出没していたカワコザラガイの姿が無いのは、やはりこのバジス・バジスが退治してくれたのでしょう。天晴れです。

バジス・バジス
インド原産のバジスの仲間。体長5cm。
平常時はくすんだ地味な色だが、成長した雄の興奮時は各ヒレに鮮やかな青い発色を見せる。飼育環境によっても体色が変化することからカメレオンフィッシュの別名を持つ。飼育は比較的容易だが人工飼料は好まず、ブラインシュリンプやアカムシを食べる。また小さな巻貝も食べることからスネールイーターとしても知られる。ヘリコプターのホバーリングを彷彿させる泳ぎが特徴的。普段はおっとりしているが縄張り意識があり、雄同士は喧嘩をするなど気が荒い面がある。水槽での繁殖が可能。

餓死しては可愛そうなので、ブラインシュリンプを時々与えています。他の餌には見向きもしないのにブラインシュリンプは食べてくれたので安心しました。
体色の変化を楽しみにしていたのですが、一向に変化を見せないのが残念です。ひょっとしてうちの子はメス? でもずっと見ていると泳ぎがとても愛嬌があります。何か考え事をしているかのように立ち止まってはスーッと進んでまたピタッと静止。またスーッと進んではまたピタッと静止。よくもまぁそんなにピタッと止まれるものだと感心してしまいます。体が斜めになってもピタッと止まって胸鰭だけが忙しそうに動いています。
普段は物陰に隠れていることが多く、全体的に動きが遅いのですが、カージナルテトラが近付くと勢いよく威嚇して追い払っています。でも他の魚を傷付けることはないので安心しています。

楽しい仲間が増えました。是非いつまでも元気でいて欲しいです。
スポンサーサイト
この記事へのコメント
tmk  [ URL ]  2006/08/24(木) 13:13  [ 編集 ]
連投です。

カワコザラガイ、メダカとミナミヌマエビのベビー用水槽で爆殖しまして、地道に手(三角定規みたいなやつ)で取ってました。
でも、次の日には同じくらい、またいるんですよね…。

たまたまコケ対策でイシマキガイを入れたら、きれいにいなくなりました。
やはり生物兵器!
miyu-tatsu  [ URL ]  2006/08/24(木) 16:46  [ 編集 ]
うちはカワコザラガイとやらの被害には幸いまだあっていませんが、バジスバジスというお魚、うちに最近きたぴぐみぃぐらみぃにそっくりです。スゥーと泳いでピタッと止まる・・・・。
かわいくて、昨日、また6匹ほど買い足しました。分離しきれなかったブラインの“ダメタマ”を食べてくれてたのですが、新しくお迎えした仔は「ぷッ!」と吐き出してやがりました。
お魚にも好みがあるのですねぇ・・・失敗した、6匹も・・・。
もともとヒドラを食べてくれるかも、と言うことで導入したのですが、こちらの方はサッパリでした^^;
ヒドラにはやっぱりこまめな水替えが一番のようです。
drshion  [ URL ]  2006/08/24(木) 22:13  [ 編集 ]
tmkさん、こんばんは
プレコやオトシン、石巻貝がカワコザラガイを食べるという不確かな情報はありましたが、本当だったんですね。これは朗報です。
石巻貝がカワコザラガイ自体をバリバリ食べるのか、卵を食べてくれるのか、非常に興味がありますね。もしかしてカルシウム補給で食べているんでしょうか。

ん~しかし我が家はオトシンネグロと石巻貝がいます。でも爆殖してました。数が足りないのかな?

でも効果があることが分かったので今後この情報を生かしたいと思います。
ありがとうございました。
drshion  [ URL ]  2006/08/24(木) 22:26  [ 編集 ]
miyu-tatsuさん、こんばんは
ピグミーグラミーも同じような泳ぎをするんですね。あのホバーリングは見ていて楽しいですよね(^^)

我が家はヒドラの被害に遭ったことはありませんが、ピグミーグラミーはヒドラを食べるんですか?どんな害虫にも生物兵器っているんですね。
それにしてもヒドラって怪獣みたいな名前(^^;)
hasway  [ URL ]  2006/08/25(金) 13:23  [ 編集 ]
こんにちは。
drshionさん宅にもバジス・バジスがいたんですね~。
画像のバジスは雌っぽいですが、雄は本当に、色がよく変わりますよ~
全身黒ずんで鰭がブルーになったかと思いきや、体全体の色が薄くなったり、横縞も入ったりと、なかなか面白いです(^▽^)
drshion  [ URL ]  2006/08/25(金) 22:43  [ 編集 ]
haswayさん、こんばんは
やはりうちの子はメスですか。
どーりで色がさえないわけだ(^^;)
でも、ちゃんと仕事をしてくれているので良しとします。
ホバーリングも見ていて楽しいし♪
でもやはりオスが見てみたい(・・)
糸色女子言周  [ URL ]  2006/08/26(土) 23:05  [ 編集 ]
ばんは^^
生物兵器かなりの有効みたいですね^^
ようちん  [ URL ]  2006/08/27(日) 16:44  [ 編集 ]
バジスちゃんが見事にカワコザラガイを退治してくれた様で、良かったですね!^^
魚種も増えてきて、なかなかカラフルで良い感じの水槽になってきたのでは?
魚たちが元気に成長してくれると良いですね。^^
むーちょ  [ URL ]  2006/08/29(火) 09:31  [ 編集 ]
小さくてもちゃんと働き者なんですねー
スネールはかなりの人が悩まされる問題のようですから、こういう子がいてくれると便利だし助かりますね。
水草の調子もよさそうだし、順調ですねー!
drshion  [ URL ]  2006/08/29(火) 23:31  [ 編集 ]
糸色女子言周さん、こんばんは
思った以上に有効みたいです。少なくとも手で取っているよりは(^^)
drshion  [ URL ]  2006/08/29(火) 23:40  [ 編集 ]
ようちんさん、こんばんは
>魚種も増えてきて、なかなかカラフルで
もっともっと増やしたいところですが、水槽が小さいので増やせないです(^^;)ショップに行くと欲しい子がたくさんいて、いろいろ目移りしちゃいますが、ぐっと我慢してます。
でも第二水槽は小型魚ばかりなのでもう少し増やせるかな?
次はどんな子を買おうかと、いろいろ考えるのも楽しいですよね(^^)
drshion  [ URL ]  2006/08/29(火) 23:45  [ 編集 ]
むーちょさん、こんばんは
スネールで苦労している人は多いみたいですね。
人の手で駆除していてはとても対応できないです。
やはり生物兵器ですね。
私もいろいろなサイトを見て参考にしましたが、この記事も苦労している方の参考になれば幸いです。
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://drshion.blog47.fc2.com/tb.php/154-561c8d55
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。