金魚飼育日記です
初心者の苦労や勉強した内容を紹介しています
--/--/--(--) --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2005/07/30(土) 21:29
元の祭りに行って来ました。祭りに行くとどうしても金魚すくいの屋台が気になってつい覗いてしまいます。3cmくらいの小さな金魚がたくさんいました。ちっちゃ~ と思ってよく見るとちょっと変わった金魚がいます。祭りの金魚すくいでよく見るのは小赤と黒出目金ですがそこには流金と丹頂、な、なんとピンポンパールまでいるではないですか、びっくりです。ピンポンパール欲しさに「おじちゃん1回」って子供のように小銭を出していました。よ~し取るぞー と思ってピンポンパールをよく見ると体が傾いています。他のピンポンを見てもやはり傾いているか体がちょっと変(奇形?)でどの子もやばそうです。奇形は欲しくないし転覆の子も明日まで保つかどうかの瀕死状態なのでピンポンはあきらめ。次のターゲットは丹頂です。なるべく元気な子が欲しいのですがすくえそうにないし、かといって弱っている子ではすくえても死んでしまっては可哀想だし、いろいろ悩んで結局はすくえず終い。「おじちゃんダメだったよ」「どれが欲しい?」「この子」やさしいおじちゃんは指名した丹頂とおまけの小赤を袋に入れてくれました。
金魚すくい1 金魚すくい2
ちっちゃな丹頂と小赤です。どちらも3cmほどです。家に帰って思ったより元気だったので安心しました。さっそくトリートメント開始です。
病気を持っているといけないのでメチレンブルーグリーンFゴールド+食塩0.5%で4時間。その後グリーンF抜きで数日養生します。
トリートメント
金魚すくいの金魚は弱い、すぐに死んでしまう、などと言われますが、それもそのはず、相当なストレスと酸欠状態になっているはずです。しっかり養生する必要があります。エアーは必須。餌は抜きです。
ちびちゃんたち頑張るんだよ。
スポンサーサイト
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://drshion.blog47.fc2.com/tb.php/23-d207c2e2
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。