金魚飼育日記です
初心者の苦労や勉強した内容を紹介しています
--/--/--(--) --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2005/10/08(土) 22:59
ウィローモス
流木のあく抜きですが、鍋で煮た効果かバケツの水もあまり着色しなくなってきました。いよいよウィローモスの活着に挑戦です。ウィローモスはこんな形で売っていました。¥600でした。
流木にウィローモス 流木にウィローモス糸巻き
ウィローモスの活着について調べたのですが、薄く付けるのがポイントらしいです。あるだけ全部使いたくなってしまいますが、このくらいでいいでしょうか、上の面だけ着けましたが半分以上余ってしまいました。
次に糸巻きの固定ですが、あるサイトでは軽く巻く、またあるサイトではこれでもかというほどぐるぐるに巻くとあります。どのくらい巻いていいのかよく分からなかったので写真右のように巻きました。
流木にウィローモス袋入れ
最後に十分湿らせてからビニール袋に入れました。この状態で10日ほど室内のなるべく明るいところで管理します。この方法は流木の凸凹にもちゃんと活着するようです。

よく流木にウィローモスがふさふさしている写真を見ますが綺麗ですよね。あんな姿とあまりにもかけ離れた現状の姿にちょっとショックを受けてしまいました。そもそもちゃんと活着するんでしょうか。不安はありますが、このまま様子を見ようと思います。
スポンサーサイト
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://drshion.blog47.fc2.com/tb.php/54-d9bdb708
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。