金魚飼育日記です
初心者の苦労や勉強した内容を紹介しています
--/--/--(--) --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2005/12/19(月) 21:42
メネデールと木酢液 黒ヒゲ苔
メネデールと木酢液を購入しました。
我が家の水槽は黒ヒゲ苔が蔓延してしまい、どうにかしたいと思っていました。糸状藻の除去には木酢液が有効のようです。しかし水槽から取り出すことが出来るものであればすぐにでも木酢液で除去したいのですが、水草はそうもいきません。せっかく根を張った水草は一度取り出して植え直すと、その後枯れてしまう恐れがあるからです。我が家の水槽には現在アヌビアス・ナナ、スクリューバリスネリア、マツモ、ウィローモス、アマゾンソードがありますが、なかでもナナとスクリューバリスネリアが苔の付着がひどいです。特にスクリューバリスネリアは導入後徐々に小さくなっていき、そのまま枯れてしまうのかと思っていましたが3ヶ月後くらいから徐々に増え始め、現在元気いっぱいです。やっと環境に適合したのに植え直しで枯らせたくありません。しかし苔の被害があまりにもひどく、実行せざるを得なくなりました。そこで植物活力素メネデールの登場です。メネデールは買ってきた水草やトリミングなどで抜いた水草に活力を与える目的でよく使われるようです。

現在の水槽を立ち上げた当初から冬休みに底面フィルターの掃除をしようと考えていました。底面フィルターを掃除するには底床を全て取り出す必要があり、ほぼ水槽のリセットに近い作業になります。水草がその後枯れずにちゃんと育つかどうかということはずっと悩みの種でした。でもメネデールの存在を知り、希望が持てるようになりました。苔の除去と底面フィルターの掃除を一気に冬休みに実行する予定です。バクテリアが死滅しないよう、外部フィルターの掃除は時期をずらそうと思います。飼育水は捨てずにバケツに取っておくなどの配慮もする予定です。

苔の完全な除去は蔓延してからではなかなか難しいらしく、初めから出さないようにする工夫が必要なようです。一度大がかりな作業をして綺麗にし、来年から苔を出さないようにしたいです。
メネデールと木酢液、これをうまく使うことで水草とバクテリアの活力を上げ、ある程度の苔の予防もできるようです。
スポンサーサイト
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://drshion.blog47.fc2.com/tb.php/89-23096e8d
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。