金魚飼育日記です
初心者の苦労や勉強した内容を紹介しています
--/--/--(--) --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2006/05/09(火) 22:34
水草導入に備えてライトの効率を良くするため少し加工しました。このライトはどうも反射光を損している気がしたので金魚水槽のライト同様、裏面に銀紙を貼ってよく反射するようにしました。
ライト効率アップ前 ライト効率アップ後
左が加工前で右が加工後です。
以前の水槽 ライト効率アップした水槽
これで少し効率が良くなったと思います。
そしてエアレーションとタイマーを導入し、夜間のみ稼働するよう設定しました。
外部フィルターは密閉構造なため空気に触れる機会がなく、CO2を逃がさない代わりに水中に酸素を供給できません。おまけに真っ暗な時間帯に水草が水中の酸素を吸収してしまうことから、魚が酸欠になるのを防ぐため夜間のみエアレーションします。
ライトは金魚水槽のタイマーを兼用し、1日8時間点灯するようにしました。
さて次はCO2の添加ですね。
と、その前に 『金魚と水草とワタシ達。』 のRisemanさんから水草をいただけることになっています。土曜日にロタラ・インジカとパールグラスが到着する予定です。楽しみです♪
2006/05/06(土) 00:45
パワーキャニスターミニ&ピクシーネオ
チャームから注文の品が届きました。小型水槽用コンパクト外部フィルター 『パワーキャニスターミニ』 と アーム式ミニライト 『ピクシーネオ』 (14W)です。
水草水槽にはやはりCO2を逃さない構造の外部フィルターが理想ですね。これまで外掛け式フィルターを使っていましたが、CO2を添加するとなると難があります。まだ発売して間もないようですが、小型水槽用の外部フィルターとは嬉しい製品です。使おうとしている水槽は30cm(14L)なので我が家にぴったりだと思います。値段も\3,200と格安でした。

パワーキャニスターミニ仕様 (50Hz/60Hz)
定格消費電力5W4W
流量約2.2L/min約2.4L/min
最大揚程約65cm約88cm
本体寸法W8.5×D16.7×H18.5cm
ろ過槽容量1550cc
適合水槽容量45cm(35L)以下

パワーキャニスターミニ開封 バスケット取り出し
早速開封してみました。このフィルターは2つのバスケットが入っており、フィルター掃除の際はバスケットのまま水に沈めて軽くすすぐだけで良いようです。
フィルターマット ろ過活性炭 パワーネクサス バスケット
バスケットの中身はフィルターマット、ろ過活性炭、リング状ろ材のパワーネクサスが入ってますが、ちょっと隙間があったので欲張ってエーハイムのサブストラットプロを少量入れてみました。
フィルター接続完了 外部フィルター設置
そして接続完了です。ライトも取り付けました。
このフィルターは本体上面に注水キャップがあり、そこから呼び水をしますがここでちょっと一工夫です。
ブリラントフィルター
良いバクテリアがフィルター内でたくさん育ってくれることを期待して金魚水槽のダブルブリラントフィルターをギュッと絞った汁をたっぷり入れました。
そのまま数時間寝かせた後、いよいよ運転開始です。
ドキドキしながら電源スイッチ オン。
・・・・
排水パイプにたどり着くまで少し時間がかかりましたが、順調に流れ出しました。やはり外部フィルターは静かでいいですね。外掛けフィルターよりも遙かに静かです。水槽後方に本体を設置したので見た目もすっきりしました。ホースだけは少し気になりますが、意外と堅くて自由なレイアウトはちょっと難しいです。長すぎる部分はカットすればもっとすっきりすると思いますが、とりあえず曲げたい部分は糸で固定しました。
ひとつ心配なのはこの製品にはエーハイムの様なダブルタップが付いていないことです。メンテのことを考えるとあったほうがいいのですが、この値段では仕方ないですね。水をこぼさずに取り外すにはちょっとしたコツが必要になりますが、小さいし軽いし、片手でも持てるコンパクトサイズなのでダブルタップ無しでもきっとうまくやれると思っています。片手に吸水パイプと排水パイプ、もう片手に本体を持てばうまくいくはずです。
総合して値段を考えればほぼ満足です。
この値段でこの大きさで、外部フィルターとしてちゃんと機能していることが嬉しいです。

第二水槽の今後の予定は、
・水草を入れる
・エアレーションを導入
・夜間のみエアレーションするためタイマーを導入
・CO2添加装置を導入
です。
2006/05/04(木) 01:42
第二水槽にソイル
第二水槽にソイルを入れました。まだ水草は入れてませんが、これからちょっと力を入れた水草水槽にする予定です。
入れたソイルはアクアシステムのプロジェクトソイルです。なんでもセット直後からPHが安定し、初心者にやさしいらしいです。その割にはけっこう酸性に傾いてますけど・・・徐々に安定するんでしょうか。
そして小型の外部フィルターと照明をチャームに注文しました。今回は購入していませんがCO2も挑戦したいと思っています。今はどのシステムを購入していいのか分からないので、初心者に優しいシステムを調査中です。

ソイルを入れて1日経ち、水の濁りが取れたところでミナミヌマエビに変化が現れました。
ミナミの体色変異
なんと体色変異です。それまでは薄い緑か白っぽい色だったのですが、ソイルの色が影響しているのでしょうか、全体的に色が濃くなりました。よく見ると赤色もいます。茶色や紺もいます。なんとも見るものを楽しませてくれる頼もしいエビたちです。

ひとつ報告しなければなりません。ソイルを入れる前の話ですが、ラスボラが投身自殺してしまいました。ある日気付くと水槽の外で乾いて☆になっていました。1匹減ってしまいましたが、他の7匹は元気なので、早く綺麗な水草を入れて喜ばせてあげたいと思います。
2006/04/15(土) 23:28
先日我が家にやってきた熱帯魚の名前がやっと分かりました。
5種全8匹いますので紹介します。
ネオンテトラ
ネオンテトラ
ポピュラーな熱帯魚ですね。青と赤のコントラストが美しいです。

アフリカンランプアイ
アフリカンランプアイ
目の周りの青が特徴のメダカの仲間です。薄暗い環境では目だけが青く光り、蛍が舞うようで、とても幻想的な雰囲気にさせてくれます。古代魚っぽい鰭もお気に入り。アイシャドウをしているようにも見えてとても可愛いです。一番のお気に入りかも。

アカヒレ
アカヒレ
こちらも大変ポピュラーですね。赤い鰭とボディーにベージュのライン、鰭の先の白い縁取が可愛いです。

ラスボラ・ヘテロモルファ
ラスボラ・ヘテロモルファ
舌を噛みそうな名前ですが最近慣れました(^^;)
ボディーに三角の模様が印象的なとても丈夫な熱帯魚。三味線のバチのような模様から『バチ』と呼ばれることもあるようです。

アルビノ・グローライトテトラ
アルビノ・グローライトテトラ
透明感のあるボディーと赤いおめめがとても可愛いです。オスとメスでしょうか?1匹はお腹が大きいです。

第二水槽
みんな元気いっぱいです。こちら我が家の第二水槽にも出来れば水草を入れたいと思ってます。まずはライトを用意しなければいけませんね。エビも入れたいです。あとコリも。
フィルターは外掛け式ですが、心配なのは濾過能力です。でも魚が小さいから大丈夫かな?今後水質をチェックしながら様子を見ていこうと思います。
2006/04/08(土) 23:02
我が家に熱帯魚がやってきました。妹から突然「熱帯魚もらったから取りに来て」というメール。もうびっくり。白メダカをもらってくる話は聞いてましたが、あくまで実家で育ててもらうつもりでいたのに、"熱帯魚取りに来て"は寝耳に水でした。金魚の知識しか無い私に熱帯魚を育てられるのだろうか?
そしてこちらが心の準備も無いままに突然我が家にやってきた熱帯魚ちゃん達です。
我が家にやってきた熱帯魚 熱帯魚
ネオンテトラ、アフリカンランプアイ、アカヒレに・・・???
残りの2種の名前が分かりません。あとで調べておきます。全部で8匹います。難しい熱帯魚でなくて良かった。少し安心して早速水槽の準備です。
30cm水槽準備
昔使っていた30cm水槽を引っ張り出して掃除しました。フィルターも揃っているし、ヒーターは予備がある。準備OK。
30cm水槽セットアップ完了
そしてゆっくり水合わせをして熱帯魚を入れました。我が家の第二水槽の出来上がりです。2日目になりますが元気で安心しました。それにしても計画したかのような対応ぶりに自身あっぱれ。我が家にここまでの対応能力があったことを知ってか知らずか、妹には事前に確認する様よく言っておかねば。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。